綺麗になりたいならクレンジングをしっかりしよう

「綺麗になりたい」と毎日メイクを欠かさず行っている女性は多いことでしょう。
自分に合ったメイク方法を研究しているという人も多いかもしれません。しかし、綺麗になりたいと行っているメイクが肌荒れや黒ずみの原因となっているかもしれません。

綺麗になりたい・美肌を手に入れたいと思っているのであれば、行うべきことはメイクの研究ではなく、クレンジングです。
クレンジングや洗顔はスキンケアの中で最も重要なことです。
なお、クレンジングと洗顔は、顔の汚れを落とすということは共通していますが、クレンジングがメイクなどの油分を落とすことを目的としているのに対して洗顔は皮脂や古い角質、ほこりを落とすことを目的としています。

クレンジング剤にはいくつかの種類があります。選ぶ時には、メイクや肌質に合わせると良いでしょう。
しっかりメイクをすることが多いという場合には、洗浄力の高いオイルタイプやリキッドタイプ、乾燥肌や敏感肌である場合にはミルクタイプ、手軽にメイクを落としたいという場合にはシートタイプがおすすめです。

目元や口元など、部分的に濃いメイクをしているという場合には、その部分にだけを洗浄力の高いクレンジング剤を使用すると良いでしょう。
洗浄力の弱いクレンジング剤を使用して肌に負担をかけてしまったり、メイクが残ってしまうよりも最初から洗浄力の強いタイプを使用することをおすすめします。

クレンジングを行った後には、皮脂や古い角質、ほこりを落とすためにも洗顔も行うようにしましょう。
これらは肌の新陳代謝を妨げてしまい、美肌から遠ざけてしまうものです。
メイクをしていない朝は洗顔だけ、日中にメイクをした場合には夜はクレンジングと洗顔を行なうようにしましょう。

クレンジングを行なうのに最適なタイミングとしては、お風呂に入って、身体が温まり、毛穴も開いているときです。
お風呂に入り、毛穴が開いた時にクレンジングや洗顔を行なうことで、毛穴の奥の汚れも取り除きやすくなります。

きちんとクレンジングした後はしっかり保湿が必要

クレンジングや洗顔を行った後の肌は油分が不足し、肌が乾燥している状態です。
綺麗になりたいと願う人にとって、肌の乾燥は避けたいことでもあります。その為、早いタイミングで保湿ケアを行なうようにしましょう。

保湿ケアのポイントは保湿力の高い化粧水を選ぶところから始めましょう。化粧水は、肌の保湿ケアを行なう時に最初に使用するものです。
化粧水を肌につける時に、肌に叩き込むようにつける人もいますが、肌に負担がかかりますので、手のひらでゆっくりと押さえ込むようにしてつけるようにします。
乾燥が気になる部分には重ね付けをしましょう。

化粧水だけのスキンケアでは、化粧水が蒸発する時に肌の水分も奪ってしまい、肌が余計に乾燥してしまいます。
そこで、化粧水の蒸発を防ぎ、肌を乾燥から守るためにも乳液などの油分が含まれている化粧品を使用します。
乳液には油分が多く含まれているため、つけ過ぎてしまうと逆効果となる可能性がありますので、注意が必要です。

保湿ケアに使用するものとして美容クリームがあります。
美容クリームと乳液、どちらにも油分が多く含まれていますが、美容クリームのほうが油分が多く含まれていることが多いため、特に乾燥が気になるという人や乾燥しやすい季節には美容クリームを使用すると良いでしょう。

保湿ケアを行なう時には手を清潔な状態にするとともに温めておくと肌への普段を軽減させることが出来ます。
なお、化粧水を使用する時に手でつけるのか、コットンを使用するのかは、どちらにも賛否両論がありますので、好みや肌質に合わせて選ぶと良いでしょう。
コットンを使用した場合、化粧水の蒸発を防ぐことが出来ますし、手でつけた場合には手のひらで温めた状態の化粧水をつけることが出来ますので、肌への馴染みが良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る